2013年01月28日

星野リゾートから学ぶこと

先日、以前から興味のあった星野リゾートグループのホテルに宿泊した。
星野グループについては星野社長が執筆した著書を読んでいたこともあり、一度訪れたいホテルのひとつだった。
中でも、軽井沢などの贅をつくしたタイプではなく、長年歴史のあった旅館を再生する目的でグループ化したホテルに興味があり、伊東温泉の「アサジン」に一泊した。
50年以上使用されていた施設を元に四年前から星野ブランドとして再生された当ホテルは、一見するとかなり老朽化した本館といかにも後で付け足したようなロビー棟がアンマッチであり、やや拍子抜けしながらチェックインした。
しかし館内は、元来この前身の旅館の宝であったろう手入れの行き届いた広大な日本庭園に海辺の素晴らしい景観、そして落ち着いた風情の浴室と、それら確かな資産を有効に活用して、その上に星野ブランドとしての統一されたモダンでゆとりある空間がデザインされていた。
その時点で私はすっかり外観から得たマイナスな印象は忘れており、逆に事業再生のために投資は最低限にとどめながら一方で宿泊者を最大限もてなす事に真摯に取り組む姿勢が感じられ、最後には好感を抱きながら心地よい宿泊をすることができた。
その価値を更に高めたものは美味な食事はもちろん、何よりゆき届いた従業員の応対であった。
ホテル業の最大の商品は従業員のサービスなのだからそれなりの対価を支払う客に対して質の高い応対ができて当然なのだが、星野リゾートが業界の中でも注目される存在である理由は、ブランディングということを、見てわかるイメージの部分だけでなく経営全体をブランドで一気通貫することであると考え、それを真摯に実践していることではないかと思う。

IMG_0012.jpg
posted by [w] axis at 13:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

日本民藝館

知人の勧めで「日本民藝館」を訪問。渋谷駅から井の頭線で二駅目の駒場東大前駅から徒歩5分の東京中心部から至近の閑静な佇まいの住宅地に立地。
写真-3.JPG
正面入り口

日本民藝館は思想家でありプロダクトデザイナーの柳宗悦氏が中心となって”民衆が日々使用する品々に美が宿る”という美の生活化を目指す思想を「民藝運動」として昭和初期に推進し、それらの品々を蒐集し公知するための拠点となって開設されたもの(日本民藝館HPより 詳細はwww.mingeikan.or.jp)
現在館長は深澤直人さんが務めています。

写真-4.jpg
駒場町一帯に見られる町内の案内看板

今回訪問した日は「日本の漆」特別展が開催されており多くの日本およびアイヌ、沖縄、東南アジアなどからの漆器が展示されていた。
これまではこういった民芸品にそれほど興味があったわけではないが、あらためて室町時代から昭和初期までの作品を見ることで、その造形美に感嘆するとともに日本独自のプロダクトデザインの根源について考えさせられる一時となった。
因みに、ガイドブックによると知識を物で見るのではなく、直観で見ることが何より重要であるとの柳宗悦氏の見識に基づき、品物の説明書きを意識的に少なくしているとのこと。
なるほど、とてもシンプルに品物が主張している素敵な館でした。また時々、訪れます。

保存されていない プレビュー 書類.jpeg
民藝館西館(旧柳宗悦氏の邸宅) 当日は非公開でした。
背後にそびえ立つ東京大学の最新の研究施設との差があまりにも・・・民藝運動が品物だけでなく美的感覚のかけらもない日本の街づくりへの警笛としても役立っているかも?

posted by [w] axis at 14:16| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

お正月休みに

お正月休みを利用して製作。事務所に陳列するもので何か適当なものがないかと思っていたとき、以前大阪三越伊勢丹の雑貨売り場で見たこの邸宅シリーズを思い出し早速アマゾンで購入。
お正月の暇な時間も有効に使える上に物を完成する達成感も僅かながら味わえるしと。
何よりレゴの完成度が高いため出来上がりのインテリアレベルも満足です。
写真-1.JPG
posted by [w] axis at 18:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。