2013年05月28日

ブランドの拡張性とポンジュース

山手線に乗りながら、ビール会社の新製品の車内広告を見たときに思ったこと。
毎年この季節になると夏の需要を期待して各ビール会社はこぞって新製品を発表する。
ビール党は、また今年も新しい味に出会うことを楽しみにするのだろう。残念ながら私はあまり飲めないクチなので味の差がよくわからないだが。
その本当に美味しそうなビールのポスターには商品画像とともに商品名、そしてその商品名の由来ともなったキャッチコピーが載っていた。
ここで改めて思ったのは、何故日本のビールって次々と新商品名が出てくるんだろうと。
これまで海外に行った際、現地のビールを飲む機会も多かったのだが、そう言えば海外のビールはこんなに所謂「サブブランド名」はなかったと記憶している。
せいぜい「何々ライト」だとか、「何々レッド」だとかはあるものの、日本のように次々と現れては消えていく新商品名はないと思う。特に日本の商品名はマスターブランド(例えば、キリンビールとか)が目立たず、シーズン商品としての”〜味”などのサブブランド名がやたら目立つのだが、こういったブランディングは日本市場の特徴のひとつだと思う。
これは日本人消費者の嗜好の多様性にも影響されていると思うし、他の業界も多いがビール各社が、日本以外の海外市場展開をあまり視野に入れていないからだとも思う。もし同じ手法を海外のどこかの国に参入して実施することを想像すれば、他の多くの海外競合メーカーと店頭比較されるとき、これではなかなか市場に浸透しないし消費者の記憶にも残らないだろう。もちろん、個々のサブブランド名まで商標管理をすれば経済負担も投資見合いも割に合わない。
もちろん今後もビール各社が日本市場だけにとどまる場合や、昨今多く見られる海外現地ブランドのM&A方式での海外進出の場合はこの限りではないだろう。
そんな中で、アサヒの「スーパードライ」のブランディングは、知名度やブランド持続性、そして商品拡張性などにおいてブランディングとしてとても参考になる事例ではないだろうか。

面白いことに、そのポスターの横には添付画像のようにポンジュースの新商品(サブブランド)が掲示されていた。多くの人に親しみのあるポンジュースに久方ぶり(?)の新商品が出たようだ。画像にあるように”ポン・スパークリング”というポンジュースの炭酸飲料だ。他社との差別化も明確で、その果汁の濃さが特徴である。
これを見たポンジュースを知る消費者の多くはきっと、ポンジュースの製品ラインナップ拡張としての炭酸水タイプでかつ、果汁含有が他社より多く美味しそうであると、容易に商品イメージを記憶に留めることができ、一度飲んでみたいと誘引されるのではないだろうか。そして、決してポンジュース自身のブランドが希薄になったり、ブランドのポジションが変わってしまったりすることもないと思う。対照的に参考になる一方の実例だ。

IMG_0431.JPG
posted by [w] axis at 10:01| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。