2013年07月31日

清掃会社のブランディング

東京都内に事務所を構えていると、オフィスビル内で目にする機会が多いのが清掃管理会社の社員だ。
仕事がらブランディングについて考える際にふと、この清掃会社へのブランディング提案が面白いのではないかと思った。
多くのオフィスやビルメンテナンス会社が、清掃を外部業者に依頼することは多いのだが、オフィス内や洗面所などで見かける清掃担当者は概して、オフィス内環境を損なわないように、周囲と自然に溶け込むような様態で業務を行っている。その結果、周囲の人々からは、どの清掃会社も企業名や業務に携わっている人たちの姿を記憶されることはほとんどない。業者側が、その存在を消し去りながらビル内を回遊するよう努めることが、自分たちの使命のひとつであるかのような印象だ。
都内であれば清掃業者の需要は今後も増す可能性も高いし、一方で競合各社も増加傾向のようである。そういった状況下だからこそ、清掃会社にブラディングを採り入れることは一考の余地があるのではないかと思う。
積極的にビル内環境を、より豊かにするような清掃業者の総合デザインや周囲の人々に積極的に記憶に留めてもらえるような企業ブランディングががあれば、きっとその業者が指定される可能性が高まるのではないか。
参考になるのはSECOMやALSOKなどの警備会社で、警備という非日常的な業務でありながら、一般家庭でも抵抗なく企業ブランドとして認知されるようになったのは成功事例だ。
そう考えると、清掃会社のブランディングは取り組み余地の大きな事業機会であると思う。
因みに、ディズニーランドのカストーと呼ばれる清掃担当者は、来場客たちの「何を拾っているのですか?」の問いに、「思い出のカケラです。」と応えるのだそうだが(実際は人によって違うらしいが)、そんなエンターテイメント性が加わったブランディングができればオフィス環境も一層心地よくなるのではないか。
posted by [w] axis at 15:04| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。