2013年08月29日

生活家電と美容家電

最近ヒットしている生活家電に、「レイコップ」というふとん掃除機がある。
韓国系のメーカーが開発したこのふとん掃除機は、数年前に開発されていたのだが、今年に入って通信販売を中心に売上が急拡大しており、大手家電量販店では欠品もしており予約販売のみのところもあるようで、クチコミを中心にその機能性が高く評価されている。
実は私自身もすでに通販で購入して使用しているのだが、天日干しにできないベッドマットのダニを根本から除去できるとのうたい文句に思わず、購入クリックボタンを押してしまった。
ところでこのレイコップという製品ブランドは、元々医師であった現社長が、子供のアレルギーを抜本的に治癒させたいとの想いから医師の仕事を投げ捨て起業し、開発したものである。
アレルギーを完治させたいとの志を持ち2年の研究を重ねた結果、ダニを根本から除去する機能としてのふとん掃除機が開発された。
同社のホームページには、それらの開発経緯がストーリーとして公開されているが、この「元医師が子供たちのために立ち上がった」という開発背景はとても説得力があり印象的だ。
ダイソンやお掃除ロボ・ルンバなど、最近はこの掃除系で話題になる製品が多く、このレイコップもこれに新規参入してきたわけだ。
一般的には、掃除機はすでに成熟カテゴリーであると思われるし、レイコップのようなふとん掃除機も、一昔前の日本家電メーカーが得意としてきたニッチ領域の単なる拡張製品と言えなくはないのだが、彼らが開発した製品はどれも、環境問題や疾病、ライフスタイル変化などの社会問題に対してどう貢献するのかを市場にメッセージとしてわかりやすく発信しており、製品機能以上の付加価値を確かに消費者に強く印象づけていると思う。
これはブランディングでいうところの「ブランドプロミス」にあたる。メーカーがそのブランドを通じて何を市場や社会に約束するかを表明するものである。ブランドプロミスの社会的価値が高いほど、より強固なブランディングにつながりやすい。
レイコップはまさにブランドプロミスで成功しつつある好事例と言える。

一方で、美容家電というカテゴリーも最近のヒット家電だ。
主に女性をターゲットとして「美しさや若さ」に貢献する家電製品だが、これはカテゴリーの新規性がヒットの要因となっている。
いかにも日本メーカーが得意とする開発手法なのだが、ブランディングの観点からは対照的なヒットカテゴリーである。

ブランディングが経営戦略で大切な理由は、価格競争での優位性を得ることや(アップル社製品は価格維持できている)、長期に渡る顧客のロイヤリティを保つためなのだが、現在ヒットしている美容家電が、今後日本を代表するグローバル製品へ進化するには、これからのブランディング構築がとても重要ではないかと思う。そしてその際、単なる美容への貢献価値よりも社会的貢献価値の視点を高めることが必要だと思う。
そうでなければ、新規カテゴリーであっても早晩、新興国メーカーの同種製品の参入により価格競争の消耗戦に巻き込まれ、コモディティ化してしまうだろう。


posted by [w] axis at 11:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。