2013年10月16日

小売系アパレルとアパレル系小売の違い

先日、現在ヤングカジュアル市場で好調に事業成長されている某小売系アパレル会社のブランド責任者とお会いする機会があった。とても好印象の方で気さくに色々なお話をいただけた。そして現状のアパレル業界動向に関して切れ味鋭い視点でのお話が伺うことができ、とても参考になった。
中でも印象的であった話題は、表題の小売系アパレルとアパレル系小売の違いに関してのものであった。
以前より、この差異については自分自身の経験も踏まえてそれなりに理解しているつもりであったが、当日伺ったお話はとても明瞭な説明であった。
要点は以下の通りだ。
両者はどちらも同様に、内装に魅力的なデザインを施した店を構え、比率こそ異なるものの自社ブランドと仕入商品を店頭でミックス販売し、販売員教育にも力を入れ、日々のVMDもこまめに手を入れるなど、表面的にはその差は感じにくいのだが、曰くアパレル系小売事業会社は(卸売型からSPA型に参入するアパレル企業に多い)商品の良さをいかに見せるかが基軸となった店舗運営業務が展開されているのに対して、小売系アパレル会社は、お客様がとにかく入店したくなるような店作り、そのためには店舗内の空間作りがとても重要であり、商品については実質価値以上にお得感を感じてもらえるような陳列などを重視していることである、とのことであった。
空間作りにおいては、例えば来店客がアパレル商品をいろいろ眺め回したり、鏡で映したりする際にその行為が店外から露に見られることなく、さりげない死角的な場所でじっくりと吟味できるようと配慮されているなどである。
これらは些細なことではあるが、こういった来店客目線で買い物を心地よくしてもらえる場作りに細やかな配慮がされているかを今の消費者は見過ごさないとのことであった。そしてそれが小売系アパレルの習慣であり、アパレル系の小売事業会社がなかなか気づけないことであると。
これらは責任者の方が説明される中で、繰り返し強調されていた「いかに入りやすい店舗であるか」と「いかにお得感を感じてもらえるか」の2フレーズに全てが集約されているのだと思う。
ちなみに、この会社では以前はアパレル系小売業態であったのが、数年前より更なる事業拡大を目指すために社長方針として小売系アパレル業態へと転換したとのことなので、そのお話はとても説得力のあるものであった。
両者の違いは客観的には容易に理解しづらいものの、そのわずかな違いにですら危機感を覚え、その対応をしなければ今の消費者を惹き付けることは困難なのだろう。
posted by [w] axis at 13:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。