2013年10月31日

ペチャクチャナイト(PechaKucha Night)

昨日、「東京デザインウィーク」なる主にデザイン関連のアイデアを展示や紹介する国際クリエイティブイベントの会場に行った。
そこでは、様々なプロダクトやグラフィック関連のデザインが紹介されていたり、学生による自主企画作品なども展示されていた。
その中のイベントの一つとして昨夜は、「ペチャクチャナイト(PechaKucha Night)」が開催されていた。
実は、私はこの催しについては初めて知ったのだが、NHK Eテレで毎週月曜日夜に放映されいてる”スーパープレゼンテーション”番組「TEDトーク」のカジュアル版という趣きであった。

今密かにクリエイティブ関係者間で東京の夜を賑わしているイベントなのだそうだが、代官山の蔦屋書店などの建築デザインを手がけたクライン ダイサム アーキテクツ社の創立者(クライン【伊】とダイサム【英】)によって、2003年にこのプレゼンテーションイベントは始まった。
元々は、この二人が経営する六本木のバー「スーパーデラックス」のためのイベントとしてスタートしたもので、若いデザイナーやクリエイター達がアイデアを分かち合い、ネットワークを広げる場としてその活動が知れ渡っていった。
東京発信のこのプレゼンテーションイベントは、そのイベント名の面白さやプレゼンテーション形式の巧みさが、「ブランド」化し今では世界中にその活動が広まっているそうだ。
確かに、”ぺちゃくちゃ”というネーミングがいかにも海外受けしそうであることに加えて、プレゼン方式は、20枚のスライドが自動的に20秒で切り変わる合計6分40秒という明瞭なフォーマットであることが、より見る側を飽きさせることなく楽しませるイベントとなっている。
この20×20のフォーマットは、本来はデザイナー達にいったんマイクをわたすと話が長くなりがちである、ということから思いついたそうなのだが、今では20×20がネーミングともにロゴ化しており、このイベント自体のブランド化を助長している。

それにしても、言ってみればどこにでもありそうな単なる全員参加型のプレゼテーションイベントなのだが、ペチャクチャという語感から伝わるカジュアルなアイデア交換場のコンセプトと、20×20という機能性を併せもち、且つそれらがビジュアルデザインとしても完成度が高いことで、今ではグローバル化しつつあるブランドとなっていることに驚きと学びがとてもあった。

初めて参加した昨晩のイベントは、最後まで飽きることなく楽しめ、また会場の雰囲気もとてもあたたかく、刺激もありながら心地よい一時を過ごせた。
毎月最後の水曜日には六本木で開催されているそうなので、興味ある方は是非参加してみてはどうだろう。


東京デザインウィーク  http://www.tdwa.com/tdw/about/
スーパーデラックス   https://www.super-deluxe.com

IMG_0662.JPG

IMG_0657.jpg
発案者のクライン(左)とダイサム
posted by [w] axis at 10:59| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。