2013年03月15日

中国ローカルアパレル

4年ぶりに上海を訪問し中国人の旧友にも7年ぶりに再会した。
彼女は現在中国アパレル企業へのコンサルタントを営んでいる。
話によると現在中国ローカルアパレル企業の多くが経営の曲がり角に直面しており、コンサルタント依頼もこの数年顕著に増加してるそうだ。
昨今の経済成長率鈍化の影響による売上苦戦も経営上の大きな課題であるものの、本質的にはこれまで順調に数百店舗規模で成功してきたアパレル企業の多くが、創業者の商売感や市場感度に依存してきた個人経営から規模拡大に伴う組織経営への転換岐路に立っており、それゆえに業務の仕組み化や組織的業務運営などが未整備であり、結果的に在庫過多のよる財務問題が発生しているとのことであった。
そのため、コンサルタント業務も主にマーチャンダイザー育成を中心とした発注精度向上のための仕組み作りとのこと。
在庫については、これまでは割引販売によって最終的に多くの処分在庫が地方小都市で捌けていたものが、ここにきて販売が鈍化していることも影響していることも関係している。
全般に衣料品の店頭販売は一時期より勢いは 衰えており、要因としてネット販売や支出の優先順位がスマートフォンなどの通信費、旅行など衣料品以外に多様化していることが影響しているようだ。
多くの日系アパレル企業にとって中国市場の戦略的重要性は今後も高まると思うが、消費者の環境変化の速度が想定以上になっていないかはよく観察すべきと思う。

それにしても5年ぶりに見た市場は、あらゆる海外ブランドが溢れている一方で、ローカルブランドも商品やVMD、店舗内装、販売員の質などが益々レベルの向上をしており、この中で差別化することは本当に容易ではないと想像する。
興味深かったのは、その環境下で今後市場が期待しているアパレルカテゴリーがあり、それがはキャリア女性向け商材とのアドバイス。
そうであれば我々日系ブランドにも勝機が期待できるのだが、あくまで日系ブランドのスタイルに韓国ブランドのようなカラフルな色使いをミックスしたようなデザインが求められるとのこと。
思わず納得であった。


DSC00862.JPG
ラッスルズシティビル51階から見た上海摩天楼
posted by [w] axis at 14:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。DM届きました(*^_^*)

★博司くん会社設立おめでとう!!
今後のグローバルな活躍を期待してます。
応援してるからね。

写真が・・・もっと明るい色使いのスーツ・シャツ・ネクタイだと印象が変わると思うんだけどな〜。
左側に載せるなら少し右を向いたのがいいな。

仕事向きのコメントでないから、後で削除しておいてね。

わたしは、年度末真っ只中。別れと出会いの季節の、
卒園・入園・進級準備で大忙しの毎日を送っています。
Posted by ruru at 2013年03月19日 17:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。