2013年07月09日

スイッチングコスト

先日、投資ファンドに勤務されている知人と会食した際に聞いた話を。
彼の会社は企業の持続的競争力を分析しているが、産業の中で外食産業が最もその持続的競争力が弱いという。
その話を要約するとこうだ。
「100年企業なる、長期にわたり安定的経営が持続できる会社の要因は何かを分析する中で、供給側と需要側の両面から外食産業はその持続性が弱い産業であることがわかった。他産業と比較して供給側においては、模倣しやすい、規模の経済性が限定的などが要因であり、需要側では、競合他社への乗り換えが容易であったり、代替店舗を探すことも容易である、などからである。」
つまり、外食産業は比較論として、簡単に真似できて他社に追いつきやすく、お客さんも他店舗に乗り換えることに抵抗が少ない、ということだ。
その論拠として、一時大きな成長を遂げたファミリーレストランが回転すしチェーンの台頭により業績の影響を受けたり、盤石と思われた回転すしチェーンもファミリーレストランのメニュー強化で業績が停滞するなど相関関係が明らかだからだそうだ。
需要側の、他社に乗り換えやすいことは「スイッチングコスト」が低いこと、代替品や店を探しやすいことは、「サーチコスト」が低いと表現するのだそうだ。確かに自分自身の行動に当てはめてみると、衣料品などの購入に比べ外食の方がスイッチングコストやサーチコストは低いと思う。
ここでふと思ったのは、スターバックスやマクドナルドでも同様なのかと。
スターバックスは、創業より「サードプレイス」という、自宅でもなく会社(学校)でもない心安らげる”第三の場所”の提供でありたい、というコンセプトを打ち出している。またマクドナルでは利便性とともに、多くの子供を惹きつけるブランディングを行っている。これらからは外食産業であるからこそ、顧客が容易に他社店舗に振り向かないようなスイッチングコストを高める意図がうかがえる。
一方で多くの外食産業は、味や値段、サービスなどの機能的価値には労を惜しまず、競争力に磨きをかけているものの、需要側の情緒的価値を高めることについてはそこまでの重要性を意識していないように思える。特に欧米企業との比較において、それが顕著ではないだろうか。
今後、日本の外食産業においてもこのスイッチングコストの視点からブランド戦略を考えることは持続的競争力を高める一助になるのではないか、そんなヒントがこの話には隠されていると思う。
posted by [w] axis at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。