2013年12月21日

愛のスカイライン

先日新聞で、日産の新型スカイラインのネーミングについて同社社内で、日本人幹部と外国人幹部との間で
ちょっとした議論が沸き上がったとの記事が書かれてあった。
概要は、外国人幹部はすでに海外で使用されているプレミアムイメージを持つ「インフィニティ」の名称を日本国内販売する同車種にも使用するべきであると主張したのに対して、日本人幹部からは、スカイラインの名称は日産の歴史においてとても重要なもので、さらに日本国内での消費者においても価値の高いものであるから継続すべきとの反論があった。
おそらくはグローバルでのブランド力を高めるためにより統一性を持たせた車名に転換したいと外国人幹部は思っていたのだと思うが、日本人幹部からは先の主張に合わせて「日本市場を軽視するな」との強い語調も飛び交ったとのことだ。
実は、私も20歳代の頃、親のスカイランを乗り回して楽しいデートを経験した世代であるので、この日本人幹部の主張に思わず賛同してしまうのだが、この記事を読んで頭に浮かんだものがある。「ガラケー」だ。
日本の携帯電話がガラパゴス化して、グローバルでの競争力をどんどん失っていく様を表現するものだが、この日産におけるスカイライン問題も、これから日産がいかにグローバルで生き残っていくかを考えた場合、私のように単純に感傷的な想いから判断することがあったとしたら、それはとても危ういことなのだと思う。

因みに、「ガラケー」には二つの意味があると、数日前に講演をうかがった某大手軽自動車会社の営業幹部の方が言われていた。「ガラ携」と軽自動車を指す「ガラ軽」。
軽自動車は、つい最近政府より発表された重量税の増税により、今後国内販売の苦戦が予想されるのだが、元々日本独自の規制の中で生まれた車種が故に、海外展開も容易でないため、このように業界内では言われているとのことだった。
昨年から議論の続くTPPは来年における最も大きな政策課題になると思われるが、これが表すように私たちを取り巻く環境はいやでも確実にグローバル化の波に呑み込まれるのだから、本当に生き残れるガラパゴス種かどうかを見極める高いレベルでの経営判断がこれからますます重要となってくるのだろう。
少なくとも、「日本市場を軽視するな」の言葉がそういった危機感を持った上での最終的な経営指針の見解であって欲しい。
posted by [w] axis at 11:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。