2014年04月30日

名刺デザインにみる日米差

起業すると、それまでのサラリーマン生活では気づかなかったり、見落としていたことがいろいろと見えてくる。
最近不思議に思ったのが名刺だ。
仕事柄、多くの方と名刺交換する機会がある。相手に事業主が多いこともあるのだろうが、折り込みチラシのようなやたらと情報満載な名刺をいただく。
たしかに、どんな人物像かとか、どんな業務内容だとかが、わかりやすいって言えばわかりやすい。
やっぱり営業活動には有効なのかな、と思いつつ自分の名刺と比較していた。
その時思い出したのが、以前海外関係の仕事をしていた際に欧米のビジネスマンからもらった名刺だ。
そんなチラシみたいな名刺など見たことはなかった。
想像だが、おそらくこれは日本独自のものなのだろう。
欧米では、お互いが十分紹介しあった後に名刺交換を行うのが一般的なビジネスマナーなので簡素な名刺であってもよいのだろう。
また欧米のビジネスシーンには「エレベータートーク」というビジネススキルの慣用句が存在している。
これは、ビジネスプランをプレゼンテーションするにあたり、忙しい会社トップなどにはエレベーターに同乗しているわずかな時間に印象づけようというものだ。
このような自己紹介に関するプレゼンは、口頭でしっかり行えるということが欧米では一つのスキルとして欠かせない。そのため、おそらくは名刺にはそんな発想が及ばないのだろう。

以上は、ビジネススタイルの差に起因するデザイン差と予想しているのだが、本当にそれだけなのだろうか?

私はこれに加えて日米欧での美的価値感の違いにも由来しているように思う。
日本の多くのメーカーが、製品に新たな機能を次々と付加していく結果、色々なスイッチやボタンが増して、デザイン自体も複雑でわかりにくいものにしてしまい、逆にその個性が失われていくような、そんな現象に似ているのではないか。
確かに情報の多い名刺は、後々役立つことも多いし、実際はそこからアポイントをとることもある。
一方で、今はホームページアドレスがほとんどの名刺に記載されてもいる。
自社のビジネスモデルに本当に有効な情報発信であればいいが、やたらと発信するだけでは見る側が消化不良になるだけだろう。
posted by [w] axis at 11:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。