2015年01月29日

「会社案内」の使い方

先日、印刷会社の担当の方と打ち合わせをした時のこと。
ある会社の会社案内用パンフレット製作についての議論をしていた。
今回、そのパンフレットにいかにブランディングを反映させていくかの細かな擦り合わせをしていたのだが、
その中で挿絵的に使用するイメージ画像をどうすべきかの話の途中、興味深い話が伺えた。
議論のポイントは、有料画像を利用して会社カタログのイメージをより高める案と、コスト重視で挿入画像を自社で撮影したものとどちらを使用すべきかということだったのだが、そこで、あるマンション管理会社の会社案内パンフレット製作にあたり、管理風景のひとつとして管理人の姿を有料画像に変更したときの事例であった。
その画像は、社内検討の結果、最終的には溌剌として若々しい人物像の有料画像を採用して掲載することになったのだが、会社案内パンフレットのイメージ向上にそれが寄与したことはもちろん、その後日談として、管理人の応募者にもこれが好影響を与えたという。
それまではどちらかと言えば、現役を退いた高齢者で、あまり好印象でない方が管理人として応募することが長く続いていたのが、この新しい会社案内が発行された後は一転して、会社案内に掲載された人物像に近い、溌剌として元気な応募者が急増したとクライアントから喜ばれたとのことであった。

画像を使用するにあたっての自社利用か外部利用かは、それほど高額な金額差が発生するものではないから、応募者の質が大きく変化したことは多いに会社へ貢献できたこととなる。
特に、中小企業となれば優秀な人材を恒常的に採用することは容易ではないだけに、たかが会社案内パンフレットの中の一画像であれ、事業にも十分よい影響をもたらすことができるのだ。
posted by [w] axis at 17:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。